初心者に贈る家の修繕の急所!

人気記事ランキング

ホーム > > 総合失調症、発症原因の鍵が見つかる

総合失調症、発症原因の鍵が見つかる

幻想や妄想などの症状が現れる精神疾患・総合失調症の発症の鍵を握るとみられる体内物質を滋賀県立成人病センターや、米国ジョンズ・ホプキンス大学の専門研究員や教授らの研究グループが発表したそうです。

総合失調症は100人に1人弱がかかる病気らしく、いまだに根本的な治療法がなく、主に抗精神病薬などで症状の改善が図られているそうです。

幻想や妄想などの症状となるとうつ病や薬物中毒などもイメージにのぼりますね。
私自身、総合失調症とは明確にどんな病気かと聞かれても答えることはできません。
心の病と言っていいのかもわかりませんが、今まで原因などが不明だったものの原因やメカニズム、治療法などが分かっていくというのは病気に悩んでいる人にとってもその周囲の方々にもとてもいいことだと思います。
病気になりたくてなる人はほとんどいないと思います。
例えば小学校の時にテスト前日に風邪をひきたいとかは別として。

どんな病気になった人でも一度は「好きでなったわけではない」「なりたくてなったわけではない」と思ったことがあるはずです。
ひとつずつでもこうして着々と解決法が見つかっていってくれたら素晴らしいと思います。
詳しくはカードローン 審査基準こちらに書かれています。